ナビゲーションへ コンテンツメニューへ

平成25年春季彼岸会永代経法要のお知らせ

  今年は数十年ぶりの厳しい寒さと雪の多い冬になりました。雪が融けだす春先には、空き缶やタバコの吸い殻などのゴミがあちこちに点在しているのをよく見かけます。おそらく真冬に捨てられ、雪に埋もれ見えなかっただけのゴミたちでしょう。

 同様に、雪のように外見を取り繕って、自分の恥ずかしい情けないところを内在しているのがわたしたちです。自分自身を知ることは、言葉で言うほど容易なことではありません。一番見えていないのが自分のこころであり、自分のこころを映す鏡こそ佛の教えです。

 

 今年も下記日程で春のお彼岸の法座が開かれます。ご家族そろってお参り下さい。

3月17日(日)〜20日(祝)

午後1時より 浄恩寺本堂にて

布教使:説田真仁 師(岐阜県廣讃寺)

※納骨堂へお参りの皆様へ

○仏花は17日〜20日までご用意しております。

○お持ちになりましたお花・お供物は各自でお下げ下さいますようお願い申し上げます。

【画像】彼岸会法要の様子